看護師の仕事はどこまで手伝えばいいか問題について考えてみた

投稿者:

看護師の仕事はチームプレーなんてよく聞きますが、実際仕事なんてどこまで手伝えばいいんでしょうか。手伝わなければお局に文句を言われ、手伝えば自分の仕事ができてからやれと言われ…困りますよね。ちょっと手伝いのことか考えてみました。

おつかい系

点滴や臨時薬のオーダーが出て薬局に薬剤を取りに行く

検体を検査科まで持っていく

レントゲンの指示が出たから付き添いをする


重患さんの検査でストレッチャー移送しなければならず、一緒に移送を行う

ちょっとしたおつかい系のことであれば、失敗もないですし責任も負うこともありません。見かけたら自分から買って出るといいかもしれません。「あの子、気が利くじゃない」なんて思われるかも。ただし、自分の仕事が終わった上でやりましょう。

点滴系


点滴のルートキープに自信があれば、手伝ってもいいかもしれません。
もし、ルートキープが成功して点滴を流すのであれば薬剤が正しいかどうかもきちんとチェックしておきましょう。チェックもせずに流して万が一にでも間違っていたら責任問題です。
そして、ルートキープは良くても点滴の準備まではやらない方がいいでしょう。もし間違っていた場合、患者さんに重大な影響を及ぼすリスクがあるので、責任が取れません。


準備系


栄養の準備や点滴の準備、内服薬のセッティング等の準備系はやらない方がいいです。「絶対に間違えないぞ」と意気込んでも人間エラーは起こすもの。
ましてや、手伝った側は他の人の業務なので気が緩んでいるだろうし、手伝って貰っている側は他人がやることは何かしら間違っているかもしれないと気を張っていることも少ないでしょう(手伝って貰っているのに二度手間ですしね)
結果、インシデントやアクシデントが起きやすいし手伝うことでインシデント・アクシデントを起こす可能性が高くなってしまいます。責任を持ちきれないことわ手伝うのは避けるべきです。

日常生活援助系


割と失敗しづらい業務なので、時間があれば声をかけてみてもいいかもしれません。誰がやっても同じような結果になりますしね。
ただし、気を付けたいのは移動・体交・移乗の介助。どうしても転倒転落やカテーテル類の事故抜去のリスクが付き纏います。十分注意して手伝いましょう。

手伝う時のポイント


– 自分の仕事が完全に終わっていることが前提

– 「何か手伝いますか?」ではなく「手伝えることはありますか?」

– 手伝う内容には不備がないように気をつける

– 手伝い終わったら確認だけはするように部屋持ちに伝える

これだけすれば、手伝われた側も手伝った側もモヤっとせずに業務を行えるでしょう。


まとめ


手伝うことで業務が円滑に行えるという部分はありますが、大前提は自分の仕事が確実に行え手伝うことに責任を持てること。それがなかなかできない人は手伝わない方が無難かもしれません。お局さんに「あの子は自分のことばかり」と言われても「責任持てなくてもやれと言うならやりますが」スタンスでいけると良いですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中