看護師こそ副業する理由

投稿者:

最近、色々な人が副業を始めているという話をよく聞きます。しかし、看護師は昔ながらの考え方の人が多く、なかなか副業はできないという人が多いのです。その現状を踏まえて、私は「看護師こそ副業をすべきなのに…」なんて思ってしまいます。

今回は、その理由と注意点についてまとめてみました。

こんな人に読んでほしい!

・副業をしたいと考えている看護職のひと

・正職員としての看護業務が辛いひと

・看護師の新しい働き方に興味があるひと

看護師が副業をするべき理由

不規則勤務で時間を作りやすい

看護師の勤務は、三交代と二交代がありますが、最近では二交代が主流になってきています。

二交代であれば、夜勤は夕方から働いて翌日の朝には帰れることになります。つまり、朝に帰宅したらすぐに寝て、午後から働くということができます。夜まで寝て生活パターンが崩れることもなくなります。

三交代であれば、夜勤が準夜と深夜の勤務があります。それぞれの夜勤が連続するときは厳しいですが、一回の勤務時間が二交代に比べて短いので、朝帰ってから仕事や夜勤に入る前に仕事という方法もあります。

不規則だからこそ、隙間の時間に稼ぐことができます。

閉鎖的な空間から抜け出せる

病院や施設などはどうしても閉鎖的になりやすいです。なかなか職場の雰囲気に馴染めないと辛いところがあります。

しかし、副業をすれば少なからず、閉鎖的な空間以外での関わりを持てます。そうすることで、今まで常識だと思っていたこと、常識だと言われてきたことが、実は普通のことではなかったということもあります。

人によって、普通は違う。当たり前だけど、閉鎖的な空間にいると分かりにくくなることは沢山あります。

副業をすれば、そんな当たり前のことに気づくことができます。

職場が変わることで気分転換にもなり、精神衛生上も良いです。

早くリタイヤできる

副業をすることで、当然、本業一本の人よりもお金が入ります。お金が早く貯まることで、貯金が増えます。

人生100年時代なんて言われるようになってきましたが、本当に定年退職まで働き続ける必要があるのでしょうか。

厳しい看護業界であれば、歳を取るごとに、能力は落ちていくので続けることが難しくなります。人命にも直結するので、尚のことです。

また、看護はとてもストレスがたまる仕事なので、続けることで心身共にダメージの蓄積が激しくなります。

一方、副業をすれば貯金が増え、副業を本業とすることも可能です。周りよりも早く貯金の額を増やして、残った人生を貯金だけでやりくりできるようになれば、仕事を辞めることもできます。

辞めるという考え方だけではなく、適度に仕事の量を減らす(パートを選択する)なんてことも可能です。

副業をして貯金が増えると選択の幅が増えるのです。楽しく仕事と向き合うことができます。

資格が活かせる

看護師という国家資格は、応用の幅がとても広いです。

特に、人手不足と相まって看護師の需要はとても高いと言えます。

需要が高いということは、副業でも資格を生かせば稼ぎやすいということです。本業とは全く別の分野で稼いでいくには、自信がないという人も多いはずです。

しかし、看護師の資格はどこでも生かせるので本業で活かせるスキルアップになるかもしれないし、本業で培ったスキルで副業でも活躍できるかもしれません。

応用の幅が広い看護師という資格を持っているからこそ、副業もやるべきだと私は思います。

注意すること

余裕がない人は副業すべきでない

看護師こそ副業をするべきとしましたが、それはあくまでも本業をやっていて心身に余裕がある人。

副業をしていて、体を壊してしまっては意味がありません。医療費と欠勤分の給料が引かれて、もったいないだけです。

ただ、看護師はバイタリティのある人が多いので、そういった意味でも副業をやってみたらどうかなとは思います。

副業は本業に差し支えないように

上記したように余裕のない人は副業をすべきではありません。副業で体調を崩してしまえば、本業に影響が出るからです。

また、それとは別に参照しておきたいのが、職場の規定。

これに副業の可否が書いてあります。不可であれば、バレたときの対処が面倒です。つまり、本業に差し支えます。副業が可であれば、何も問題はありません、ら

ただ、どうしても副業でも稼がなくてはならないこともあるでしょう。確定申告や年末調整、住民税に気をつけて、本業には差し支えない程度の副業をしてみるのも方法かもしれません。

まとめ

今回は看護師こそ副業をするべき理由と注意点についてまとめてみました。看護師の人はバイタリティ溢れて勉強家な人たちばかりですので、一つの職場だけでその能力を使うのはもったいない気もします。

また、本文に書いたとおり、看護師は副業をするのに適した職業だと私は思います。

注意点で書いたことをよくよく考えておく必要はありますが、多様な働き方が増える世の中なので、副業も一つの働き方として考えるのも良いかと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中