【派遣】特別養護老人ホームの看護業務について【体験談】

投稿者:

今回は、私の特別養護老人ホームへの派遣ナース体験談を紹介します。
派遣ではある程度こなせる案件が多い方が仕事のスケジュールを組みやすいです。この記事で特別養護老人ホームでの看護業務を知り、派遣先の選択肢となるように説明します。
また、「病院から施設へ転職したいけど仕事のイメージがつかずなかなか踏み切れない」という人の手助けになればと思います。

ルーチン業務

私が勤務した特別養護老人ホームでの勤務内容を一例として挙げます。


8:30 出勤してすぐに栄養の準備→実施
(この時間に朝の経管栄養を実施します。栄養終了後の与薬と回収はパートさんの看護師がやってくれていました。)


8:40 夜勤の介護職から申し送り
(申し送り用紙もあったのでそれを参考にして検温。体調不良がある人や終末期で状態が不安定な人を中心に行います。介護職もすぐに申し送りができる訳でもないので、検温しつつ様子をみながら口頭でも申し送りを受けます。)


9:00 看護師で申し送り
(各フロアに40人の利用者がいて、それに対して1人の看護師が付き、看護師をまとめるリーダーが更に1人つきます。そのため、その日に勤務している看護師が集まり。この時間に各フロアの看護師が集めてきた情報を申し送ります。)


9:30 排便処置・点滴・吸引
(再びフロアに戻り排便処置の人を把握。私の勤めていた施設は申し送り用紙に排便処置当日の人が記載されていました。)


10:30 記録・経管栄養の準備


11:00 経管栄養の実施


11:30 与薬・食事介助
(その日によって、介護職の人数が足りなければ、比較的介助が容易な利用者の昼食介助に付くこともあります。基本的には予約のみです。)


12:30 経管栄養の与薬・回収
(パートさんがいればパートさんがやってくれました。)


13:00〜14:00 休憩

14:00 検温・軟膏処置・その他
(バイタルサインの再検が必要な利用者さんには検温を行います。基本的にはパートさんがやってくれましたが、創処置や軟膏処置も午後から行います。
その他、点滴の更新や吸引などもこの時間に行い必要があれば記録も残します。)

15:30 経管栄養の実施

16:30 経管栄養の与薬・回収、吸引瓶の洗浄

17:00 申し送り
(その日使用した吸引瓶の洗浄も看護師の仕事でした。軽く洗浄して次の日に備えます。申し送りはその日、オンコールを担当する看護師が夜勤の看護師に行います。)

17:30 退勤

ルーチン以外の業務


リーダー業務

これは正職員の人が主に行っていました。内容は医師からの指示受けとカルテ整理です。ざっくりですが、病院のリーダー業務の簡易版と考えてもいいかもしれません。

通院の付き添い

基本的には家族に付き添いをお願いしていますが、どうしても家族の都合がつかなかったり、家族と連絡が取れない人は看護師が付き添います。
主に泌尿器や眼科など専門医の診察が必要だったり、外傷などで専門の器具(縫合セット)が必要なときに受診していました。認知力が低下している人が殆どなので、利用者に代わり看護師が最近の状況や受診理由などについて説明します。そして、受診が終わったら受診結果と次回受診の申し送り・記録、処方された薬の処理を担当します。
時々、施設医以外に診察してほしいという希望があり、内科医のところを受診している人もいましたが、熱心な家族が多いので、ほとんど家族付き添いとなっていました。

ショートステイ

施設には長期入所の利用者さん以外にも短期入所の利用者さんもいます。大体1週間から2週間で入所される人がほとんどで、自立している人が多いです。稀に家庭の事情等で、何ヶ月にも渡って入所する人(ロングショートステイ)もいます。
私が勤めていた職場では、相談員から引き継ぎを受け、入所後の対応も相談員が全て行っていました。
その結果、看護師としてショートステイの利用者と関わるのは、検温と与薬くらいでした。

看取り

施設なので病院のような延命処置はしない方が多く、その分看取ることも多いです。
私の勤めた施設では、モニター等なく頻回に訪室することで状態把握を行っていました。呼吸状態が変わってきて、危篤状態になれば家族に連絡します。
稀に亡くなってから連絡を下さいという家族もいるので、その場合は希望に合わせます。
利用者がなくなった場合は、病院で一般的に行うと死後処置を行います。家族が葬儀屋と連絡を取り合い、施設までご遺体を取りにきたらお見送りをして終了となります。
最後のお別れがしっかりできるように状態を頻回に把握するため、忙しさはありますが施設看護師において重要な業務だと思います。

オンコール

施設の夜勤は介護職だけの夜勤となります。そのため、介護士では対応しきれない事案が発生した場合、オンコールで看護師に連絡が来ます。

緊急時の場合、看護師に連絡ではなく救急車を呼ぶことの方が多く、オンコールの回数としては月に1度呼ばれるか呼ばれないか程度。内容も「バルーンカテーテルが自己抜去で朝まで待てない人だった」とか「亡くなったから医師を呼んでほしい、死後処置をして欲しい」というもので、1人でも対応できそうな内容です。

稀に、「様子がおかしいけどどうすればいいか」という内容のコールもあり対応に困る場合もあります。予め、対応に困ったときに相談できるよう先輩看護師に電話をかけるかもしれないということを言っておくといいでしょう。

働いてみた感想

ルーチン業務に関しては、病院勤務の経験があればそれほど難しいことはないなと感じました。何もなく、静かな1日であれば午後から暇で少し辛いくらいの業務内容です。
夜勤はありませんが、オンコールがあるので、慣れるまで緊張して大変だと思います。慣れてしまえば、殆ど呼び出しもないので、病院の勤務よりは体も心も負担が少ないと感じました。
ただ、病院の受け持ち8人とは違い、1つのフロア(40人くらい)が自分の受け持ちになるので、その分負担はあると思います。特に最初のうちは、ネームバンドもないので利用者の名前と顔、既往歴やADLを覚えるのも一苦労。働いている内に覚えますが、それまでは大変と言えるでしょう。

まとめ

今回は特別養護老人ホームの体験談を元に、施設での働き方をご紹介しました。たかが施設勤務、されど施設勤務。病院よりも忙しさはありませんが、人間の生活と終末に寄り添う、より深い看護が必要になってきます。病院は疲れてしまったけれど、看護師は辞めたくないなんて人はぜひ施設で働くというのも選択肢の1つにしてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中