私の夜勤の過ごし方

投稿者:

今回は夜勤の前後で私がどのように過ごしているか、紹介したいと思います。夜勤はリズムを掴むまで大変なので、一例として参考にしてもらえれば嬉しく思います。

夜勤体制について

まず、夜勤は三交代と二交代があります。どちらがいいかと言えば、個人の好み。どちらも一長一短です。

二交代の夜勤は17時ごろから翌朝の9時まで勤務します。勤務時間はかなり長いですが、途中で仮眠をとることができます。夜勤で組むスタッフが苦手な人のとき辛いかもしれません。

ただし、二交代の利点として夜勤明けは必ず休みが当たります。また、三交代のように夜中まで起きていたり、夜中から働き始めることがないので、体には優しいです。

三交代は先に述べたように勤務時間がバラバラなので生活リズムが狂いやすいです。勤務時間は準夜で17時ごろから翌日の1時頃、深夜勤務で1時ごろから9時頃となります。

二交代に比べて、三交代の方が1回の勤務が短時間で済むということが利点です。しかし、休みとの繋がり方で少し損した気分になります。それは準夜→休み、休み→深夜のとき。準夜→休みは1時までの勤務なので、休みの日の夜中1時まで働き、そこから寝るので休みが半分くらい睡眠で消えます。休み→深夜は休みの日の0時ごろには準備して出勤しなければならないので、0時に起きられるよう休みの昼くらいから寝ているので損した気分になります。

このように二交代も三交代も一長一短です。勤務が長くてもしっかり休みが欲しいなら二交代、休みに掛かってもいいから1回の勤務は短い方が良いなら三交代がオススメです。

私の三交代夜勤

私の勤務していた病院は日→深夜→準夜→が主なサイクルでした。

過ごし方は日勤が17時半に終わる→すぐに帰って18時に晩ご飯とお風呂を済ませる→19時就寝→0時起床→深夜勤務→9時業務終了→睡眠&私生活のあれこれ→16時から準夜勤務→休み

少し分かりにくいですが、深夜勤務から次の準夜勤務までは31時間ほど開くことになります。睡眠もたっぷり取れて私生活に割く時間もできます。私

の場合、ちょっと夜更かしをした程度で準夜の仕事が終わるので仮眠は取らず、準夜勤務に突入していました。

三交代は、勤務の時間帯がバラバラなので睡眠時間もバラバラになりがちです。特に睡眠リズムが崩れやすい人にとっては辛いもので、睡眠薬やお酒の力を借りて無理やり寝ている看護師もいるだとか。私のようにいつでもどこでも眠れるタイプには、それ程辛くもなく勤務時間も短めなのでオススメです。

私の二交代夜勤

二交代勤務は単純明快で17時ごろから9時頃までの勤務です。準夜や深夜といったややこしさはありません。

二交代の場合、①寝溜めをする人②いつも通りに過ごして昼寝をしてくる人がいるようです。

個人的に生活リズムの崩れが少ないので②がオススメです。2つのパターンを試してみて②の方がしっくりきているので、現在は②を採用しています。

夜勤前日は普段の時間通りに就寝→日勤くらいの時間に起床→家のあれこれを片付けてのんびりする→11時〜14時で昼寝→支度をして出勤→夜勤勤務→9時に終わって夕方くらいまで寝る

個人的に夜勤明けの日は昼前までに起きることが理想ですが、なかなかできないのが現状です。睡魔に勝てません。本当は日中起きて夜寝る方が体のリズムが崩れなくていいようです。明けに寝た後は体がガチガチで具合も悪いです。

まとめ

今回は私の夜勤前後の過ごし方を紹介しました。夜勤前後の過ごし方は自分の体調に合わせながら、調節していくことが1番です。ただ、うまく調節できない時は他の人がどのような過ごし方をしているのか参考にするのも一つの手です。

また、残業などがあり、なかなか定時上がりが叶わず、睡眠に時間を裂けない、生活リズムを取りづらいという人もいるかもしれません。夜勤という業務はただでさえ、集中力が落ちてミスをしやすい状況です。上手く業務調整をしたり、それができない場合は職場の再考が必要かもしらませね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中